崖っぷち農学部生だがもう限界かもしれない

卒業を控えた農学部生の日記的なあれ いろいろと悪い方向で予想外なことが起こっていますがよくよく考えると自業自得

スポンサーリンク



アマゾンで商品が二つ届いた→連絡した結果


スポンサーリンク

どうも、vashoです。

 

先日、インターネット注文サイトのアマゾンamazon)でとある商品を注文したところ全く同じものが二つ届きました

 

その商品は↓こんな感じの電子パット(電子メモ帳)です。

f:id:vasho:20170628150641j:plain

本体

 

f:id:vasho:20170628150642j:plain

 

この商品の使い勝手については別の記事でレビューするとしてなぜこのようなことが起こったのか、そしてその後の自分が行った対処法をまとめていこうと思います。

 

アマゾンで二つ届いた 

今回全く同じ商品が二つ届いたことについてまず最初に配達コードみたいな部分を見ました。

それによると一つの注文商品はアマゾンの予約履歴に残っていたのですが、もう一つの商品は全く履歴にも載っていないコードです。

 

間違えて同じ商品を二つ注文したということもありません。

というよりも先払いだったのでお金を払った時点で注文商品が一つということになっているはずです。

 

二つ分の商品でしたら値段の時点で気が付くことですし。

 

連絡先は?

ではもう一つの商品をどうするか?という話になってきます。

このまま何もせずに放置すると後々面倒だったのでアマゾンに連絡しようと思ってカスタマーセンターの内容を読みました。

 

すると、今回のような場合はアマゾンではなく直接出品者とやりとりしたほうがいいとのことで出品者のほうにメールを送信。

 

ちなみにアマゾンを通して出品者にメールをする場合は

・アマゾンも確認してくれる

・こちらのメールアドレスなど個人情報は出品者に開示されない

ということで安心できます。

 

なので出品者に連絡する場合はアマゾンを通したほうがよろしいでしょう。

 

連絡した結果 商品は返却?いいえ、プレゼント

連絡したらその日のうちに返信が来ました。

向こうの方で確認した結果、商品は返却ではなくプレゼントということになりました。

 

要するに同じ商品をもう一つ貰えたのです。

 

理由に関しては返品をする際のコストを考えるとプレゼントしたほうがいいとのこと。

 

今回迅速にメールの返信を頂けたのはアマゾンのシステムと出品者のしっかりとした対応のおかげもありますができるだけ

・注文した商品について

・配達番号

をしっかりとメールで届けたのも良い行動だったかもしれません。

 

物流ではコードが分かるとすぐに調べることができますし。

 

二つになった結果!いろいろ捗るぞ!

ここからは後日談。

さて、今回はひょんなことで電子メモ帳が二つ届きました。

この電子メモ帳は2000円しないすごくシンプルなもので機能は最低限です。

(この辺りのレビューは別記事で)

 

それでも値段の割にメモをする分にはしっかり使えますし、ある程度細かい文字も書くことができます。

 

ただ、仕様上文字を消す際は全ての文字が消えることになります。

 

これが厄介ですね。

 

そこでこのメモ帳が二つあると気になる情報だけもう一方のメモ帳に書き写して後は全消しみたいな使い方もできます。

 

もちろん、いくつもメモを取りたい時に単純に2倍のメモを残せるのもありがたい。

 

そのままプレゼントというのは物によっては置き場所に困る荷物になるかもしれませんが今回の商品に至っては二つあった方がメモは捗ります。

 

まとめ アマゾンでの誤発注・ミスだと思ったらまずは連絡

ということで今回はアマゾンで商品が二つ届いたことについてでした。

この商品はちょっと特殊で海外(おそらく中国)の製品です。

その結果、流通も少し特殊で郵便物として届くものでした。

アマゾンの物流とシステムに頼っていないので予想外のミスも起きてしまいました。

 

今回のような注文した商品が二つ届いた場合はもちろんだんまりもできるかもしれません。

ただ、製品番号や配達状況はいつでも確認できてしまいますし、出品者もいろいろ困惑するでしょう。

 

なのでしっかりとアマゾンを通して出品者に連絡して

・何が起こったのか

・どの商品か

・どうすればいいのか

など、対応を専用メールで求めるのが一番良い方法だと思いました。