ミセラー

ちょっとした語ってみたい事柄を並べるブログ

スポンサーリンク



カニの脚を無駄なく利用!コウバコガニのフレッシュトマトパスタのレシピ


スポンサーリンク

f:id:vasho:20161231172619j:plain

最近、香箱がに(以下コウバコガニ)を食べる機会がありました。

これは北陸地方で獲れるズワイガニの雌の事で非常においしいです。

自分は茹でられたコウバコガニを食べたのですがそこであることに気づきました。

 

小さい・・・

 

美味しいのにサイズが非常に小さく足の部分とかはしっかりと堪能できませんでした。

でも実際にその足の先まで肉は美味しいですし、良く考えたらカニの甲羅や殻自体もいいエキスが出るので中身だけ食べるのは本当にもったいない!!

 

ということで今回は甲羅は使いませんでしたが脚の方の殻と肉のエキスを存分に利用しようと思い、パスタにすることを決めました。

 

コウバコガニのフレッシュトマトのパスタ

f:id:vasho:20161231172540j:plain

上がコウバコガニです。

甲羅の中身と一番太い脚の部分はしっかり食べることができるのですがはさみや足の先の方は肉があまり取れません。

 

でも肉自体は非常においしいですしそもそも殻もそのまま捨てるのがもったいないと思いました。

 

 

f:id:vasho:20161231172548j:plain

というわけで上のように脚とはさみをパスタに利用します。

上の画像は約2杯分のカニのはさみと脚です。

 

材料について

f:id:vasho:20161231172551j:plain

 

カニの美味しさをしっかりと堪能したいので材料は最低限のものにしました。

上の画像の食材がメインです。

 

コウバコガニの足とはさみ(今回は2杯分ですが1杯でも十分です)

フレッシュトマト(大玉) 2個

ニンニク 二かけ

鷹の爪 3つ 唐辛子の方がいいと思います

白ワイン 適量

オリーブオイル オリーブオイルについては何も加工していないものとローズマリーやニンニク、唐辛子を付け込んである香り付け仕上げ用の2種類を使用しました

 パスタの茹で汁とソースの味を調えるため 適量

胡椒 ソースの味を調えるため ブラックペッパー

ハーブ 今回はバジルとパセリを使用しました オレガノもあるとよかったのですが調理をし始めた時には切れていることに気づきます

パスタ(スパゲッティ) 1人前 自分は少し多めに茹でました 

 

作り方

f:id:vasho:20161231172557j:plain

 

フライパンに通常のオリーブオイルを引いて適度に切ったニンニクと鷹の爪を熱します。

その後、すぐに切れ込みを入れたカニの脚とはさみを入れて炒めます。

 

f:id:vasho:20161231172601j:plain

 

ニンニクがきつね色になってきたら白ワインを投入。

この白ワインがいい具合にカニのエキスとか旨みを抽出してくれるので白ワインで最初の方は「煮る」感じになります。

 

f:id:vasho:20161231172607j:plain

しばらく白ワインを煮詰めていったら上画像位に切ったフレッシュトマトを投入。

トマトが崩れ出したらバジルと塩コショウで味を調えます。

 

f:id:vasho:20161231172614j:plain

 

後はアルデンテに茹でたパスタをフライパンに入れてソースと絡めます。

その後、器に盛って、香り付オリーブオイル、粉チーズ、乾燥パセリを賭けたら完成です。

 

食べた感想と反省点

材料から見て当たり前ですが美味しかったです。

カニのうまみがしっかりとソースに伝わっていてトマトの酸味とも相性抜群でした。

 

作ってみて少し残念だと思ったのはカニにもう少し切れ込みを入れておくという下処理。

切れ込みを入れた理由は殻の中の具のエキスを外に出しやすくするためですが切れ込みではなく、完全に一部分だけ殻を切り捨てたほうが良さそうです。

要するに一定箇所ごとに身をむき出しにする部分があるような処理をするべきということでした。

多少の切れ込みではまだ殻の中に旨みが残ってしまいます。

 

ただ、そのためにはそれなりの包丁を使わなければなりません。

 

カニのような甲殻類は中身もおいしいのですがその殻に非常に旨みがあると思います。

さらに足が小さいとどうしても肉をうまくとりだせないのでそれならエキスを抽出してソースにすればいいという感じで今回のパスタを作りました。

 

別にコウバコガニだけでなく、スーパーに売っているようなワタリガニでも十分美味しいパスタが作れると思うのでカニパスタを食べたいときとかカニの捨ててしまいそう、ちゃんと食べることが難しそうな部位を利用して無駄なく調理するのもなかなか良いと思いました。