読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

崖っぷち農学部生だがもう限界かもしれない

卒業を控えた農学部生の日記的なあれ いろいろと悪い方向で予想外なことが起こっていますがよくよく考えると自業自得

スポンサーリンク



ラーメン好きがたどり着いた市販のタレで作る油そばレシピ 簡単&早い そして麺の茹で加減とか


スポンサーリンク

自宅で作る油そばレシピについて紹介したいと思います。

 

油そばは個人的にかなり好きな麺類ですがレシピは意外に簡単だったりします。

店で食べるようなものはタレも油そば用に作られていたり油自体もしっかりと考えられていますがそんなに本格的でなくてさくっと作れる感じの油そばなら自宅でも調理というか混ぜて楽しめます。

 

材料について

材料は以下に紹介するものです。

 

 

f:id:vasho:20161130080526j:plain

まずは麺。

市販のもので生麺がいいでしょう。細麺中麺よりも店にある一番の太麺がオススメです。

 

f:id:vasho:20161130080532j:plain

次はタレです。

タレは自宅でも作ることができます。

その際に必要なのは醤油だったり佐藤だったりオイスターソースなどですが今回は市販のタレを使います。

油そば用のタレでなくて普通のラーメンのタレで大丈夫です。

味は醤油味が無難でしょう。

 

他に必要なものは

・ごま油

・お酢

・ラー油

 

ここまでが最低限の材料です。

 

後は好みによって刻みニンニク、チャーシューなどの肉類、メンマ、茹で卵、ネギなどをくわえます。

 

油そばの作り方

f:id:vasho:20161130080537j:plain

①どんぶりに市販のタレを入れます。

少し多いかもしれないのでその場合は3分の1ほど取り除いてもいいです。

その後、ごま油を適量入れます。

 

②麺をゆでる。

 

③茹でた麺をどんぶりに入れてほぼ完成です。

 

f:id:vasho:20161130080543j:plain

後はラー油とお酢をかけて混ぜれば食べることができます。

自分は今回、食べるラー油を通常のラー油に加えて入れました。

 

本当にこれだけで終わりです。

 

麺の茹で加減について

麺はしっかり茹でるとプリッとした触感になるのですが油そばは少し早めにゆで上げたほうがいいです。

理由はよくわかりませんが店とかでは早めにゆで上げた麺を入れているようで実際に自宅で作る場合もそのほうがおいしかったです。

 

まとめ

今回は市販の普通のラーメンのタレで作る油そばを紹介しました。

レシピと言えるのかどうかさえ微妙なほど簡単な作り方ですが割としっかりとした味になっています。

タレ自体は醤油ベースで造ることもできますがやはり市販のものを使うのが一番でしょう。

別に油そば専用のタレでなくてもいいので入手はしやすいです。

 

ラーメンと違って油そばはスープが必要ない分手軽に作れてアレンジもしやすくて楽しく簡単においしく食べられる食べ物だと思います。