崖っぷち農学部生だがもう限界かもしれない

卒業を控えた農学部生の日記的なあれ いろいろと悪い方向で予想外なことが起こっていますがよくよく考えると自業自得

スポンサーリンク



ACECOOKのカップ麺「油そば専門店 春日亭 鳥豚油そば」を食べた話


スポンサーリンク

f:id:vasho:20160910212501j:plain

いつもみたいにローソンに行ったらカップ麺置き場をチェックしてしまうのですがこの日行ったときは見慣れない商品が置いてありました。

 

その名も「油そば専門店 春日亭 鳥豚油そば」というカップ麺でどうやら「ラーメン激戦区 池袋の行列店」とのこと。

 

 

池袋は何回か行ったことがあるのですが確かにラーメン屋さんは多かったですね。

(というか山手線の駅の時点で駅周辺にはラーメン屋さんが多くて自然と激戦区になってしまう気がします。)

 

商品を出しているのはACECOOK(エースコック)ですね。

 

ちなみに量は大盛り130gとなっています。

ただ、このような湯切り系のラーメンはそんなに重くは来ない印象なので量的にはちょうどいいかもしれません。

 

 

f:id:vasho:20160910212520j:plain

 

調理法はシンプルにかやくをお湯を入れる前に入れて、湯切りをした後にタレを入れるタイプです。

 

ただ、麺が太い様で待ち時間が5分でした。

 

 

f:id:vasho:20160910212535j:plain

とりあえずタレをあえて完成!!

 

少し食べてみましたが、ん?なんか思ったよりもしょっぱかったです。

 

自分が少し硬めの麺が好きなので5分よりも早く切り上げてしまったので必要以上に麺がタレを吸ってしまったのかもしれません。

 

一応このままでも食べれるのですが・・・

 

 

f:id:vasho:20160910212543j:plain

 

油そばの定番(と思っている)のお酢ラー油を加えました。

 

そして、この日はさらにマヨネーズをかけます。

卵黄でもいいのですがこちらの方がよりまろやかになると思ったのでマヨにしました。

 

そして、食べると今度はあまりしょっぱさが気になりませんでした。

 

やっぱりお酢とラー油がいい感じに効いていますしマヨネーズでマイルドになりました。

 

そもそも味自体はいい感じだったのでこれらの調味料を合わせることでさらにおいしくなりました。

 

今回は麺を少し固めにしてしまったのでこのような場合はタレを気持ち少なめに入れたほうがいいかもしれません。

 

その場合はしっかりとタレ画面に絡まないかもしれないのでお酢とラー油でより油そばっぽさを出しつつ麺にタレが絡みやすくするのがいいかもしれないと思いました。