ミセリズム

ちょっとした語ってみたい事柄を並べるブログ

スポンサーリンク



減少し続けていたインデックス数がある方法で増加した 他ブログの話

他に運営しているメインブログのインデックス数が少し前に減少してしまってかなりテンションが下がっていました。

 

ただ、そんなインデックス数もようやく増加の兆しを見せたので今回はブログのインデックス数の増加と減少についての個人的なレポートをまとめていこうと思います。

 

インデックスの増減

ブログをやっている場合はグーグルのサーチコンソールを導入するべきです。

これによってどのワードでの検索が多いか知ることができます。

さらにクロールをすることでインデックススピードを上げるメリットもがります。

 

このインデックスというのはグーグルの検索候補に自分の記事が載るかどうかの登録と思っていいでしょう。

 

検索順位についてブログで気にすることはありますがインデックスに登録されないとそもそも検索順位以前に検索されていくら低い検索順位のところまで調べたところで検索結果には反映されません。

 

要するにインデックス数が増えれば増えるほど検索される可能性が増えると思っていいでしょう。

逆に減るとその分、可能性は減ります。

 

実はこのvasho、運営しているとあるブログのインデックス数が半年以上かけて緩やかに減少していったのです。

それに比例するかのようにアクセス数も下がります。

アクセス数が下がることについては月ごと、週ごとにどこかで一番アクセス数が低い最低の日が来るのですがその最低の日の最小値のワースト記録を更新していくという感じです。

要するに底が下がっていったのです。

 

こうなってしまうとアクセス数が下がってしまいます。

 

でもその嫌な時期も過ぎ去りました。

 

インデックスの増減データと考察

f:id:vasho:20180717133808p:plain

 

Googleのデータを載せるとアドセンスが停止されるって噂を聞いたので加工しました。

上の画像はインデックス数の増減を11か月にわたって表示したものです。

黒いグラフがインデックス数の総数で少し前は4000を下回っていた時期もありましたがここ1か月で6000ラインまで戻すことができました。

 

インデックスの増減について1~5の時期に大雑把に分けたのでそれらの期間を考察交えて振り返っていきます。

続きを読む

コンビニの禁断の味 台湾まぜそば+追い飯おにぎり

ついにやった!やり遂げた!

前からやりたかったコンビニの台湾まぜそばの新境地、そう・・・おにぎりによる追い飯!!!

 

 

どうも、vashoです。

 

今回はローソンに冷やし台湾まぜそばが販売されていたので買ってきました。

でもそれだけだと物足りないのが台湾まぜそばってもんよ。

ってことでおにぎりも購入してきました。

 

察しの良い人なら分かるはずです。

これで追い飯をしてきました。

 

ローソンの冷やし台湾まぜそばとおにぎり

f:id:vasho:20180702083336p:plain

ローソンで発売されていた麵屋はなび監修の冷やし台湾まぜそば。

これから暑い季節がやってきますが脂っこいものってどうしても汗が出て嫌ですよね。

でも肉と油と濃厚さとニンニクと麻辣の味が欲しいって瞬間に季節は関係無いです。

 

そんな欲求を満たしてくれるのが冷やし系ラーメンだと思っています。

 

今回はそんな冷やし系ラーメンのうち、コンビニでも買える冷やし台湾まぜそばをピックアップしました。

 

そして、台湾まぜそばの締めは追い飯で決めます。

店とかだと最後に器に残った汁に少量のご飯を投入するってサービスが基本ですがコンビニで買うとそれができません。

 

でもコンビニには大量にあれがあります。

そう、おにぎり。

これで追い飯が可能なんです。

 

というわけで今回はおかかおにぎりも一緒に購入してきました。

 

冷やし台湾まぜそばにも魚粉フレークは入っていますしおかかとの相性も良いです。

 

冷やし台湾まぜそばをまずは食べる

冷やし台湾まぜそばはレンチンタイプと違って材料を食べる直前に投入することができます。

f:id:vasho:20180702083325p:plain

 

なのでまずはこんな感じに麺の上に半熟卵、魚粉、ひき肉の団子、ネギ、山椒、ニンニクを全部乗っけて・・・

f:id:vasho:20180702083319p:plain

 

混ぜ合わせる!!

このちょっとジャンキーな感じが台湾まぜそばの醍醐味です。

 

そして、食べ終わった器には微妙に汁とかネギとか卵の一部分が残っています。

 

おにぎりの出番

f:id:vasho:20180702083309p:plain

そこにすかさずおにぎりを投入!

ここからは絵面がそんなに良くないので撮影していませんがおにぎりを崩しながら追い飯をしました。

 

ノリが一枚でつながっていると崩しにくくなるのであえてコンビニおにぎりの仕様を無視して最初にご飯だけをいれてあとでノリをちぎって入れるのも美味しいかもしれません。

 

そうして、最後の締めまで満足して食すことができました。

 

台湾まぜそば+追い飯おにぎり

やっぱりあの残った汁にはご飯が合います。

というかこれが台湾まぜそばの本来の食べ方だと思っています。

 

おにぎりは今回はおかかにしました。

まぜそばとおかかは喧嘩しないですしシンプルな具なので。

 

でももっと強いアクセントを求めるのなら他のおにぎりの味でもいいかもしれません。

 

目指せ自分だけのオリジナル追い飯!!

新しいニコニコ動画の(く)が使いにくい件

どうも、vashoです。

 

いきなりですがいつの間にかニコニコ動画が新しくなって(く)になりましたが使いにくいと思ってしまいました。

 

使いにくくなった新しいニコニコ動画(く)

アップデート(といえるのだろうか)されたのを知らずにニコニコ動画を見ようと思ったら変な画面になっていました。

最初は間違えてどこかのボタンを押してしまったのかと思ったのですがそうではありません。

(く)に変わったのです。

 

ただ、これが使いにくかったので今回は思ったことをまとめていこうと思います。

 

トップページ

前のトップページも微妙だったのですが今回はもっとあれ?って感じでした。

サイトの窓口ともいえるトップページにはサムネイルは相変わらずあります。

ただ、最初に移るサムネイルが何故かかなり少なくなっていますし一番強調されているのが生放送でした。

ニコ生も見るには見ますがニコニコ"動画"なんだから動画方面をもっとアピールしたほうが違和感が無いですし自分は動画をメインで見ているのでこの仕様変更は驚きました。

 

それにPCで見る場合はスクロールなしで現れる生放送のニコ生サムネは4つ、これが中心にあって左側には電子書籍・ゲーム・マンガ・動画が4.5つ分並んでいました。

ちょっとファーストビューで見れるタイトルが少ないです。

 

生放送で気になるものがあればいいのですがこれだとすぐに「動画」ページに行くのが安定なトップページって印象です。

 

動画のページ

じゃあ動画のページはどうかと言うと前は動画ページに行ったらすぐにランキング一覧にたどり着きました。

このランキング一覧はマリオメーカー問題でジャンルごとに分割されてしまっていたので変更した直後は戸惑いましたが慣れたら様々な旬な動画に出会えるので個人的には気に入っていました。

 

でも今回はニコニコのトップページから動画のトップページに進むことになります。

そこではオススメ動画が出てきますがこれもちょっと違うなぁ…

別に慣れたらそれでもいいとは思うんですが前のバージョンと今回のバージョンでは仕様がガラッと変わって感覚的についていくのが大変です。

 

前にバージョンはランキングから面白いものを見つけて気になる動画を見るって流れでしたが今回はオススメ動画が真っ先に目に移ります。

おそらくyoutubeを意識した仕様になっていますがニコニコの良いところは自分の今までの趣味趣向とは違うけれども面白い動画を見つけられるところにあると思っています。

それが(く)のバージョンから急にパーソナライズされてしまっているので追いついていくというか慣れるまでかなり時間がかかりそうでした。

 

じゃあランキングを見るにはどうしたらいいのかっていうとジャンルが2段階で細分化してあるのでそこから辿ることになります。

ただ、ランキングの上に新着コメント動画だったり新着動画が現れていて先にこちらが目に映ります。

→これについては申し訳ありません。

前同様、右上のランキングってリンクから直接ランキングに飛ぶことができました。 

 

新着コメント動画とか新着動画も探すことはありますがこれはタグをたどって探すものだと思っています。

まずはランキングで人気動画から気になったものを見つけて気に入ったジャンルや方向性があれば新着だったり人気な動画を探すみたいな流れです。それか普通にワードを検索するか。

 

それも今回からは大きく撤廃されてしまいました。

 

それで前のバージョンではメインの動画探索方法であったランキングを辿るってやり方ですが今回はランキングに関わるサムネが6動画しかありません。

一つの動画のスペースが増えたので人気動画はさらに人気になるかもしれませんが一方で前のバージョンでは隠れた名作的な動画を見つけるチャンスがありました。

それを今回からは見落としてしまうことも十分考えられます。

 

ニコニコ動画 新バージョン(く)

ニコニコ動画の新バージョンですが慣れていないこともあって今のところ個人的にはいまいちでした。

こういう感想を抱くのはバージョンが変わるごとの恒例といえば恒例です。

 

ただ、今回の変化はユーザビリティーの感覚が前とは大きく異なってしまいました。

特に動画とそのランキングの使い勝手に慣れるイメージが湧きません。

 

ランキング一覧にまとめて沢山の動画が載っていたページはサムネが小さいとはいえ様々な興味深い大小問わずジャンルと出会えたきっかけでもありましたが今回は新着優先のようです。

 

もしも、前のバージョンに戻せるやり方があるのならば自分は迷わず(く)から戻そうと思いました。

ブロガーの例の事件で個人情報開示について改めて考えてみる

どうも、vashoです。

まずはご冥福をお祈り申し上げます。

 

ブロガーのhagexさんがネットでの怨恨がリアルに及んだ結果襲撃されてしまうという衝撃のニュースが流れました。

 

実際に何かが起こった後に言っても遅いとは思いますが自分は個人情報をブログに乗せてはいません。

今回のような事件を予想していたわけではないのですが結果的にどこかで助けられたのかも、とは思います。

 

ブログと個人情報

今回はブログのような媒体に個人情報を載せることについて改めて自分の意見をまとめてみようと思います。

 

ブログからは特定できない

リアルで会ったり案件を依頼される場合を除いて自分の名前はおろか、年齢やどこに住んでいるかなどについては一切個人情報を載せていません。

ブログは今までの人生の経験を反映させて記事を書くのでどうしてもそういった細かい情報から絞り込んで個人を特定できてしまうかもしれませんがそういった場合は他のブログで分散させます。

自分はこれ以外にもブログを持っていて互いにリンクなどはしていません。

要するに別人が書いているようにしか見えないのです。

例えば女子って情報と20歳って情報があれば、性別で50%、10歳~70歳あたりがネットにつながってブログを書けるとして1/61、二つの情報を合わせれば約1/120まで相手を絞ることができます。ここに大学や乗っている車、住んでいる都道府県などの情報を付け加えればさらに特定は進みます。

ただ分散させればそれぞれの確率通りにしか特定をすることができません。

なので自分は意識的に特定する可能性を減らしていましたし、その内このやり方が無意識になっていきました。

 

それにそれぞれのブログで記事を書く際に人格のスイッチみたいなのを切り替えることもできました。

CIAがメールから個人を割り出すような高等テクニックを使えば文法の類似性によってどのブログとどのブログが同一の執筆者かどうかわかるかもしれませんがさすがにこんな個人にそんな心配も無いので今後もこの方針は続けます。

ブログに個人情報を載せない理由

今回のような事件があると思っていたからブログに個人情報を載せないわけではなくてこれは心理的な理由ですがリアルの自分とネットの自分を分けたかったからです。

リアルとネットの個人が合わさるとそれだけで息苦しさを感じてしまうのです。

あの人は現実ではこんな風なのにネットではこういうことを言うんだ、ネットではああいっていたのに実際はこういう立場なのか、みたいに思われるとどうしても記事を書くのがおっくうになってしまいます。

実際に相手が思っていなくてもそう思っていると予想してしまう時点で精神的に参ります。

 

なので自分がそこのブログ主であることは分からないようにします。

ネットではリアルの自分は存在しませんし、リアルではネットの自分は存在しません。

それがブログを続ける一種のモチベーションになっています。

 

個人情報を載せるメリット

じゃあネットリテラシーが無いから個人情報を載せるブロガーが世の中にあふれているかと言うとそんなわけありません。

それどころかネット上級者こそ名前を始めとした個人情報をブログに掲載しているイメージです。

じゃあなんでそんなことをするかと聞かれればこれは信頼につながるからでしょう。

どこの馬の骨かわからない相手よりも名前と顔写真、その他もろもろの情報を載せればそれだけで信頼できます。

興味を持ってブログを購読してくれる可能性もありますし案件も依頼されやすくなるでしょう。

 

ただ、自分は先ほどの理由からそういった内容は書かないようにしています。

 

ブログの個人情報と自分

何番煎じかわからないような記事になりましたがあの事件は日本のネットの歴史においてかなりショックなものでしたしブログを書いている自分からすると他人事とは到底思えません。

 

なので個人情報をどう発信していくかどうか改めて考えてみました。

 

今後も今の姿勢は変わらないどころか書きたいテーマが増えればブログを増やしていく予定さえあります。

そうやっていって徹底してリアルとネットを切り離す姿勢を貫きます。

 

ひろゆき氏の発言で話題になった無敵の人。社会的に捨てるものが無い人物の事です。

新幹線の事件でもこの無敵の人が話題になりましたが今回もそのような無敵の人の凶行によって命を落とす方が現れてしまいました。

通り魔的な犯罪まで想定してしまったら家からずっと出られませんが今回のような個人を狙ってくる無敵の人はどこにいるのかわかりません。

ネットでの存在感が増すことでそのような人と何かしらの接点を持ってしまうことに気づかされました。

国際信州学院大学とうどん屋蛞蝓亭の釣りの規模が大きくて面白い

どうも、vashoです。

 

ひっさびさに2ch(5ch)の面白い話題を垣間見ました。

良くも悪くもvipper特有のノリが生んだ規模が大きい釣りです。

 

 

国際信州学院大学と蛞蝓亭のドタキャン流れ

今回の出来事の発端は国際信州学院大学の教員が蛞蝓亭(なめくじてい)と言ううどんを始めとした料理を出す飲食店で50人分の予約をキャンセルしたという情報が流れて広く知れ渡りました。

 

50人分の予約キャンセルと言うかドタキャンなわけですから店側からしたらとんだ損害です。

しかもこういう迷惑ごとは度々話題になります。

 

ただ、今回の事件の面白いというかびっくりするのは国際信州学院大学も蛞蝓亭も無かったというところにあります。

 

事件の当事者が二つとも架空だったのです。

 

これはちょっとしたサスペンスと言うかホラーみたいなスリルさえあります。

実際にもう少し状況が作りこまれていたらミステリー作品みたいになったかもしれません。

 

実在するような国際信州学院大学の作りこみ

蛞蝓亭のツイッターを発端とした今回の出来事ですが国際信州学院大学と言う架空の名前を使っただけならすぐにばれてしまうでしょう。

ただ、面白いのはこの大学にホームページがあったのです。

それにしっかり作りこまれています。

まあしばらくはアクセスが集中してホームページに入りづらくなるでしょうがインターネットでどういう大学か調べようと考える多くの人がアクセスをすることになるでしょう。

実際にそういう大学のホームページがある時点で細部を見て疑うことが無く、本当にそういう事件があったんだって思う人が出てくるのは納得できます。

 

でもこういったくだらない架空のものを全力で作るのがvipperの文化でもあります。

今回はそんな文化とツイッターの拡散が絡み合った壮大な釣りの広がりなのではないでしょうか。

 

ところでこれだけアクセスがあるのならホームページにアドセンスでも張っておけば相当な収益になるのでは?って思ってしまいました。

ただ、多分それは野暮だと考えるのもまた彼らな気がします。

 

蛞蝓亭とその取り巻き

蛞蝓亭のツイッターもちゃんと運営しているように見せるのがうまいですね。

しかもおいしそうなカボスを使った冷うどんの写真まで出てくるなんて。

 

そして蛞蝓亭はそれだけではありません。

このツイッターに便乗していつも行っています!、ここのファンです!みたいなツイートをする人が取り巻いているんです。

しかも、中には国際信州学院大学の学生らしきアカウントまで。

でもその学生ももちろん架空です。

 

架空と架空がまじりあってさらに架空の人まで現れる、これってある意味仮想空間みたいで楽しいと思ってしまいました。

 

国際信州学院大学と蛞蝓亭は釣りだけれども

国際信州大学も蛞蝓亭も両方はビッパー達のいつもの悪乗りの延長です。

でも今回の異常と言うか今までと大きく違うのはツイッターによって大きく拡散された結果、その文化外の人達も反応させてしまったことではないでしょうか。

 

これを一種の趣としてとらえることはなく、中にはこういうことをするなんてけしからん、規約違反だ、通報する、みたいなことを考える人も出てくるのでは?と思います。

 

ビッパーのこの身内だけのノリだったはずの出来事が度々話題になるドタキャンとそれをたたく風潮、さらにはSNSの拡散と合わさってしまったことでとんだお祭りみたいになってしまいました。

 

おそらく時間が過ぎればこの騒動もおさまるでしょうがしばらくは今回はちょっと珍しいものを見れた、そんな感じがしました。

少なくとも一歩下がってこの流れを見ていた自分としてはですが。

料理下手に限ってレシピに頼らずオリジナリティ・追加食材に走ってしまう現象

どうも、vashoです。

 

自分は食べるのが好きでもちろん美味しい店で食べるのも至福ですが自作したりもします。

まあその都度、何かが足りないと感じてしまうのですが。

そして、参考にしたレシピをもう一度確認するのはもちろんそれ以外も読んだり動画を見たりして次作るときに備えます。

 

今回はそんな料理について。

 

続きを読む

仮想通貨天才トレーダーワイ、ビットフライヤーに75万突っ込んで1か月半過ぎた結果 損益がwwww

どうもvashoです。

申し訳ありません、まとめブログの様な釣りタイトルをつけてしまいました。

 

仮想通貨には前々から参入したかったのですが昨年の収益が思ったよりもあったので確定申告が終了するまで下手に動けませんでした。

確定申告終了間際に全ての書類を提出して確定額も出たので無事仮想通貨に参入することができました。

 

登録しているのはビットフライヤーとZaifですがZaifはアカウントを作っただけなので今のところビットフライヤーのみで仮想通貨の取引をしています。

 

ビットフライヤーで取引をして1か月半が過ぎたのでちょっとここで今までの経過をまとめていきます。

ちなみにビットフライヤーを選んだ理由はシステムが安全って評判を聞いたからでした。

コインチェックのアレがあったばかりの事だったのでこの辺には神経質になっていました。

 

ビットフライヤーに75万円突っ込んだ結果

タイトル通り今のところ合計で75万円のJPYを入金しました。

 

ただ、まとめて75万円を突っ込んだわけではなく5万~30万の範囲で分けで資金投入していきました。

 

そうして出てきた損益の結果はこちら。

f:id:vasho:20180505021551j:plain

今のところ含み益込みで10万円です。原資の75万と合わせて85万ちょっとの資産になりました。

 

ではここに来るまで何があったかをまとめます。

 

あっ画像については取引用に使っている端末になるべく他の要素(他のサイトの利用など)を組み込みたくなかったので直撮りをしています。

続きを読む

自動車免許更新は二日に分けられる!初日にしたこととちょっとした後悔 写真撮影・視力検査

どうも、vashoです。

いやーはてなに書くのって久しぶり。

2018年一発目の記事と言うか日記ですね。

 

先日初めての普通自動車の免許更新をしてきました。

と言ってもまだ更新された免許は貰っていないんですけどね。

 

そうなんです。

免許更新って1日で終わるんじゃないんですよね。

 

今回はそんな免許更新の最初の一日で何があったのかを簡単に振り返ります。

 

普通自動車免許更新 1日目にしたこと

自分は警察署の別館に行って免許を更新してきました。

初めてだったもんで勝手がわからない自分は自宅に届いたはがきを見せたらすぐに何をしたいか察してくれた婦警さんに助けられました。

 

免許の有効期間が延びる

免許の有効期間が2か月延長されました。

免許更新は自分の誕生日の前後1か月が期間です。

それを過ぎるとアウトですがこのおかげで有効期間が伸びました。

と言ってももともとすぐに免許更新を済ませる予定だったので6月まで待つとかそんなことをするつもりはなかったんですけどね。

この記事を投稿して間もなく更新された免許を受け取っていることと思います。

 

続きを読む

ビンタを受ける流れがドッキリで面白過ぎた 松本さんと月亭方正さん ガキの使い笑ってはいけないー蝶野編ー

年末のバラエティ番組の風物詩のガキの使い笑ってはいけないシリーズ。

今年はアメリカンポリスでした。

そんな中、恒例の蝶野イベントが登場しました。

いつもなら月亭方正がビンタを受ける流れだと思っていたのですが・・・

ネタバレがあります。

見ていない方は注意してください。

ガキの使い 2017年 ビンタの流れ

この年は方正が顎の調子がおかしかったりいじめ問題が発生したことで蝶野のビンタが実行されないと思われていました。

 

そんな中、蝶野さんが登場します。

ひょっとしたら来ないかもしれないと思っていて少し寂しかったので来てくれた時はテンションが上がりました。

しかも、あの週刊誌のインタビューをリップサービスという一言で片付けたのが面白いです。

 

重大な刑事事件が起こった

重大な刑事事件が起こったということで集会場に集められた5人。

そこで犯人を見つけるために犬のドルフィンが出てきます。

そのドルフィンちゃんが各自の持っている手帳の匂いを嗅いで吠えたら犯人で制裁ビンタを喰らうという流れでした。

 

ドルフィンちゃんが吠えたのは松本さん⁉

ドルフィンちゃんが吠えるのはてっきり月亭方正さんだと思っていたのですがまさかのダウンタウン松本さんの手帳で吠えました。

その直前に方正さんが松本さんに手帳をこすりつけていたり、犬のドルフィンちゃんの勘違いとかいろいろな事情が重なって松本さんで吠えたと最初は思いました。

 

その後、博多大吉さんも流れを重視するということで松本さんがビンタをされる流れに。

あー今年は方正さんは助かったんだなぁと思っていたのですが…

 

まさかのドルフィンちゃん違い

ただ、衝撃の事実が明らかになりました。

なんとドルフィンちゃん違いがあって先ほど吠えたのは全く関係ない犬ということでした。

そして、本物のドルフィンちゃんが登場して先ほどと同じように匂いを嗅いでいった結果、月亭方正さんで吠えてしまいました。

 

ビンタまでのやりとり 顎関節症は・・・

月亭方正さんがビンタを受ける前に蝶野さんにいろんなことを言うのももはや恒例となりましたね。

この何とも言えない悪あがき、そしてビンタを受けた後の方正さんの表情が面白いです。

でも方正さんも顎関節症の不安があるみたいでこれはこれで心配になりました。

 

ガキの使い 2017年のビンタの感想

2017年のガキの使いのビンタはトラブルがあっていつもと違う流れだと思っていたのですがこれ自体がドッキリみたいなものだったんですね。

完全に騙されました。

松本さんは一気に不安になって方正さんは安心して、でもそれが急に逆転するのも面白いです。

ビンタの流れがマンネリせずに毎回方正さんに向けられるのが展開もやっぱりすごいなぁ。

グーグルトップ絵の画像が野獣先輩に見える オラウダ・イクイアーノさんごめんなさい、ミーム汚染です

タイトル落ちしていますがグーグルのトップ絵の画像が野獣先輩に見えてしまったので衝動的に記事を書いてしまいました。

完全にミーム汚染です。

 

f:id:vasho:20171016000901p:plain

2017年10月16日グーグル検索トップ画像より引用

見方によっては涅槃先輩またはご満悦先輩に見えなくもない。 

 

 そもそもこの人物はオラウダ・イクイアーノさんと呼ばれる方でかつてナイジェリアで拉致されたのち、奴隷として過ごし、その後自由を獲得するまでの経緯を綴った体験記「アフリカ人、イクイアーノの生涯の興味深い物語」を出版した人物でした。

 

グーグルのトップに載るような内容はたいていは何かしらの大きなセンセーショナルを巻き起こした人物・出来事です。

 

自分はこの自伝を読んでいないので詳しいことは分かりませんが当時の奴隷の内情を知る資料としては極めて重要なものを残し、世界に広めたような気がします。

 

そのような方を野獣先輩として錯覚してしまうとは・・・

2chの掲示板、とりわけなんj(なんでも実況掲示板)でもたびたび野獣先輩のミーム汚染について話題になります。

様々な画像や関係ないものも彼の仕草や表情の中に彼を見つけてしまうことに対して自分はふーん、そうなんだとしか思っていませんでしたが着実に自分もミームも汚染されていることに気づいた今日この頃でした。

【絶望】たつき監督がけもフレ2期から外されたとして何が起こるのか 爆死以上の何か

非常にショックな噂というか本人の発表が流れてきました。

 

けものフレンズ2期にてたつき監督が外されるという内容です。

アニメ業界は全くと言っていいほど詳しくない自分もけものフレンズプロジェクトが衰退一歩手前で大逆転した功労者の一人としてたつき監督がいるということは知っていました。

 

それが外れるとは信じられないのですが各種ネットメディアやニコニコでの荒れっぷりを見るとその事実と深刻さがうかがえます。

 

かという自分もこの夏はけもフレコラボをした動物園に行ってきて非常に楽しい思い出を作ることができました。

もちろん、このようなコラボは全国で開催されていますし、人気が続いているのはそれだけけものフレンズが愛されてきた証拠だと思います。

 

アニメ業界の事情は知りませんが(2回目)もしもこのままけものフレンズの監督が変わったとして何が起こるのか(希望が入ってしまう)のを適当に書きなぐっていきます。

 

ここでは前提として監督交代になっていますがこれは正式発表とはまた違うようです。

ただ、本人のツイートで「残念」という言葉が使われていたことからいろいろ察せられますし、その上で戻ってけもフレ2期に携わったとしても1期のような楽しく、冒険心に溢れ、優しくて応援したくなるキャラや脚本ができるのかはメンタルというかモチベーションとしてどうしても怪しい気配を感じてしまいます。

 

とりあえず個人的に想定してしまう悪いシナリオ。

 

1.各メディア大荒れ

まあこれは現状ですかね。

SNS、動画コメント、まとめブログなどを見ても怒りの声でいっぱいです。

 

2.プロジェクトスタートで情報公開のたびに・・・

プロジェクトが進行するたびに情報は小出しになっていくと思いますがそのたびになんか叩かれそう。

多分サーバルからはみんみーを感じないだろうなぁ・・・

 

3.アニメ放送

一気に飛びましたがアニメ放送。

多分、1話はみんな見るでしょう。

ただ、「ほーら、たつき監督じゃないから・・・」みたいなネガティブなイメージの根拠を探すのが目的の人も一定数いるかもしれません。

回を重ねるごとに1期とは別物という実感が湧いてきそうです。

個人的には無駄なシリアス場面が出てくるのが本当に嫌なのですがこれは普通に入ってきそう。

奇をてらった結果コケるなんて展開もありそうですね。

 

4.アニメ終了後 コンテンツは・・・

こればかりは終わってみないとわかりませんが1期から少しずつ、そして一気に沸き起こった人気は想像できません。

もともと、コンテンツとして終焉しそうだったけものフレンズプロジェクトは復活しました。

ただ、それが復活ではなくて延命だった、というシナリオが個人的には最悪ですが想像だけにとどまらなさそうで怖い。

 

なんでこんなことするの?

たつき監督を返してよ・・・ 返して!!

けもフレがドル箱と分かった結果、ひょっとしたらセルリアンが飛びついてきてたつき監督をのけ者にしたんじゃ…みたいな嫌な想像が湧いてきてしまいます。

 

憶測に憶測を重ねますがいわゆる大人の都合が入ってきたのならそれはけものフレンズと対極の概念であるということを理解していない層がいて、さらにそれらの人々が決定権を持っていると思うと悲しいです。

 

ひまわり動画騒動なる意味不明な仁義なき戦いのコピペを見たことがありますがそれがそのままアニメ業界に落とし込まれた、そんな印象を持たざるを得ませんでした。

 

せっかくここまで成長したコンテンツを自分たちの手でつぶす光景を目の当たりにするかもしれません。

ただ、これによってアニメ業界に不動の教訓ができるのかも、と思ったりします。

もしも、2期が1期と別物になってしまったら個人的には3期でたつき監督を戻して初期路線で言って欲しいと思うのですがその頃には衰退が取り返しのつかないことになっているかも。止まってるんじゃねぇぞ・・・

 

声優さんたちも前の様なテンションでアニメに関われるのかも心配です。

異世界オルガとかいうクッソ面白いMAD動画 

最近、ニコニコ動画でハマっているシリーズがあります。

異世界オルガ」って銘打ってあるMADで内容としてはガンダム鉄血のオルフェンズの主人公格のオルガ異世界はスマートフォンとともにのアニメを舞台として切り貼りされるというもの。

 

自分はガンダムシリーズでまともに見たのは00まででその先のガンダムを見ていないですし異世界はスマートフォンとともにも見ていないので十分にこのMADを楽しめる事前知識があるかと問われれば全くと言っていいほど無いです。

 

ただ、オルガがどのような扱いを受けているのかはネット界隈などから大体察することができ、それは異世界はスマートフォンとともにも同様です。

 

今回はそんな自分のバックグラウンドを踏まえたうえでそれでもハマったこの動画について感想を書きます。

 

異世界オルガのテンポがいい

異世界オルガは動画時間が大抵5分台未満というサクッと楽しめる再生時間になっています。

その中で作者がやりたいことを詰め込んでくれます。

ごった煮の様な詰込みではなく、しっかりと見せたいものを見せるのでテンポが凄く良いと思いました。

 

ガンダムがカッコいい

どの世代でもガンダムがカッコいいというのは分かっています。

ただ、オルフェンズはネットで見るのはネタばかりでどうしても偏見を持ってしまっていました。

それが異世界オルガだとカッコいい。

おそらく本編でもかっこよかったのでしょう。

オルガが「ミカーーーーっ!!!」って叫んでバルバトスが出てくるシーンとか素晴らしいですし実際にオルフェンズを見てみたくなりました。

 

続々参加するアニメたち

鉄血のオルフェンズと一緒に出てくるアニメとして遊戯王アークファイブがあります。遊戯王についても自分は5DSまでした見ていないのでアークファイブは分かりませんがこちらもネットでいつの間にか得た知識とかで大体察しました。

一方で当初は見向きもされなかったけものフレンズは2010年代の大ヒット作になり、こちらも別の意味でネタになってこれらが合わさり鉄血のアークフレンズなどという造語もできています。

 

異世界オルガにこれらのネタが徐々に侵食してくるのは面白かったです。

 

オルガが登場した時の安心感

なぜかわかりませんがオルガやその仲間が来た時には安心感を覚えました。

 

作者がなんだかんだ言って凄いかも

作者というのはMAD製作者のことで結局この動画を作ったこの人が凄いかも!って思ってしまいます。

動画が短くまとまって面白かったのもそうですがいくつものアニメをしっかりと見て適したところに適した素材を入れなければ成立しない点に注目したいと思いました。

そして、なによりオルガを全く別の作品に突っ込んでシリーズ化させた先駆者が作者でした。

 

ひょっとしたらこれがきっかけにオルガは今まで出てきた様々なキャラクターと違って作品の異質な存在として今後も様々な動画に登場するかもしれないです。

 

 

 

 

ニコニコ動画の「例のアレ」ジャンルで急に伸び始めた異世界オルガシリーズ。

コメントでも動画の内容に対して否定的な意見もないのが驚きでした。

大抵何かしら文句が出るジャンルだとは思ったのですが応援の声ばかりであまつさえタグに覇権アニメがあって笑ってしまいます。

今回は気になったMADがあったので感想をまとめてみました。

アロンアルフアのCMが面白過ぎた 見入ってしまうトリック

どうも、vashoです。

 

ニコニコなどで動画を見る際にCMが流れることがあります。

 

そういったCMは正直5秒経過するのも待ち遠しいくらいなんですが最近見た接着剤のアロンアルフアのCMは2度目以降も面白くて見てしまいました。

 (アロンアルファではなくてアロンアルフ「」なんですね)

 

CMの流れですが

アロンアルフアを床につける

→何やら大きな物体がアロンアルフアを塗った床に置かれる

→マッチョな外国の方がそれを持ち上げるがびくともしない

→いきなり逆立ち

ってな具合でした。

 

 

正直、ここまで見るとダンベルなんて重いんだからそもそも接着剤のおかげではなくない?って思ったのですがここからの動画のトリックが凄い。

 

そのマッチョがアロンアルフアを連呼していると思ったら急に逆立ちをし始めます。

 

体幹スゲー、マッチョだとあんな風に逆立ちできるのか!みたいなことを考えていたら画面が180度回転しました。

 

 

実は先ほどまで床だと思っていた地点は天井

要するにアロンアルフアは天井とダンベルを接着させたのです。

 

ということはアロンアルフアは

ダンベルの重さ

マッチョの重さ

床から引きはがす際の力(最初に持ち上げようとしていた真実)

に抵抗したことになります。

 

 

うわー、これはやばい。

 

 

これ万が一でもアロンアルフアの接着が緩かったらマッチョの人は大けがすると思うのですがそれだけ剥がれない自信があったのでしょう。

 

さらにプラスチックとプラスチックなら分かるのですがダンベルは金属。

金属を接着できるのもかなりびっくりです。

 

 

 

最後の方はマッチョの人の青いズボンらしき履物がズルりと落ちました。

 

アロンアルフア~と言いながらのこのシーンはシュールですがこの落ち方で本当に重力に逆らってアロンアルフアが接着しているのがよくわかります。

 

こういうCMは見入りますし僅かな時間で面白いトリックが凝縮されていたので思わず記事に書きたくなりました。

ウザい値切りをする客から学ぶ家電量販店での上手な買い方 ネット販売との併用も

どうもvashoです。

 

最近、家電量販店とかアマゾンとかで買い物することが重なりました。

特に電化製品関連の買い物が多くなり、家電量販店で購入する商品の額もそこそこしました。

 

家電量販店で購入したり他のお客さんと店員さんのやり取りを見たり、過去の接客業の経験を思い出す中でちょっと思うことが出てきたのでこの記事にてまとめようと思います。

 

こんな値切りをしてくる客はウザい!上手な家電量販店での買い物

色々なところで話を聞くと家電量販店とかで値切ってくる客に困っている店員さんもいるとか。

 

まあ当たり前ですよね。

そもそも表示価格なんてメーカー希望価格よりも大分下がっていますし、時期や競合店によってはさらに値引いた額を掲示していたりするのが家電量販店というものです。

 

ただ、どういうわけか家電量販店では値引いてもらうっていうのが割と常識になったりしているのも事実。

 

実際に値引きが存在しいるのも知っていますし、そもそも自分もカメラを購入した時はなんだかんだ言って税込みで1万円以上安くしてもらいました。

 

でもこのような話を聞いて「マジか じゃあ値引いてもらおwww」みたいなノリで家電量販店に行く人々もいるでしょう。

 

値引き自体は行われるのですが問題はその内容、というか店員さんへの態度ですわ。

 

うわ~大変だなぁと想う客の対応をしているのを横目に何度も見てきました。

 

そんな中で自分が思った嫌な客とその値引き方についてまとめていこうと思います。

 

続きを読む

名古屋駅近く!美味しい担々麺ランチを食べに行った 担々麺専門店 想吃担担面 名駅南店【汁無しも】

どうも、vashoです。

先日、この暑い日の中、急に担々麺が食べたくなりました。

 

当初は冷やし担々麺を食べる予定だったのですが想吃担担面という担々麺専門店が美味しいと聞いたので悩んだ末、この店に行ってきまいた。

 

自分が行ったのは午後2時過ぎで昼時を外しています。

というのもどうやらここは混んでしまう可能性があるので繁盛していそうな12時や13時からずれた時間帯を選んだのです。

 

f:id:vasho:20170805174254j:plain

そして到着した想吃担担面の店の前。

場所的には名古屋駅から見て名古屋モード学園方面を超えた先にありました。

 

店の中はこじんまりしている様子ですがそんな小規模なのに雰囲気は本格的な中華レストランな感じ(そんなレストラン行ったことないけど汗)。

 

続きを読む